三野新個展『Prepared for Film』 G/P gallery ver.

 

会期 : 2014年8月12日(火)〜8月20日(水)延長しました!

 会期中無休/ 12:00~20:00

 

会場 : G/P gallery (渋谷区恵比寿1-18-4)

 

詳細HP : 

 

会期最終日=8月17日(日) 19:30 ~ 19:50  パフォーマンス作品発表決定!

                                             要予約 / 料金 1000円

 

 パフォーマンス作品は、三野の構成・演出、ダンスパフォーマーのハラ サオリが振付・出演。

 本作は、前回のver.SNACにおけるダンス作品の再演として発表します。

 ダンスを身体のための記録装置として捉え、記録映像からダンサーのハラ サオリを通して、会場で『Prepared for Film』の身体を新たに立ち上げていく試みです。

上記の「パフォーマンス予約フォーム」をクリックして、予約へとお進みください。

 

構成・演出 三野 新

 

振付・出演 ハラ サオリ

 

ドラマトゥルク 山崎 健太

 

テクニカルディレクター 三嶋 一路

美術補佐 安積 知里

 

 

ステートメント

 

まずは、本展覧会と過去のパフォーマンス初演との変更点を探り、比較する。

 

 

1、写真を見る主体が、出演者から観客そのものとなる。

(フィクションを演じる身体→フィクションを想像する身体)

 

2、ダンサーは、カメラアイ役として、かつて記録する身体(視覚情報記録デバイス)であった。

そこから、記録した身体の身振りをインストールし、プロジェクションする身体となる。

(受容体→発光体)

 

3、写真は、『Film』に登場する道具の「見立て」としての機能から、「痕跡」としての機能を持つ。

 (小道具→資料)

 

以上の比較によって導きだされた答えとして、この展示とパフォーマンスは以下の構造を持つものとする。

 

①「観客に対して、展示の動線を指示した、演出ノートを配布する。そうすることで、観客を随意、不随意に関わらず、劇的空間における出演者の一人と見なすことができる。

 

②「ダンサーは、身体そのものを記録媒体として捉え、映像から身体の身振りをインストールし、かつての空間を再現前させる場をつくる。ただし、再現前した空間は、全く異なる場所、出演者=観客、痕跡に囲まれたものであり、全く同じ空間となることはない。

 

③「資料としての展示写真は、観客、ダンサーによって、『Prepared for Film』をそれぞれの立場において再び立ち上げるための標とする。

 

以上を持って、本展覧会のステートメントとして、発表する。

© 2013-2018 by Arata Mino